おすすめの返礼品はコチラ

作り置きできる豚肉の簡単レシピ

2016.10.06
作り置きできる豚肉の簡単レシピ

時間や食費の節約法として今話題の作り置きを、さっそく豚肉で試してみましょう。疲労回復効果のあるビタミン B1を多く含む豚肉は忙しい時にこそ食べたい食材です。豚肉を使った作り置きレシピをご紹介します。

豚肉のごま焼き

少ない材料と手順でおいしい豚肉が食べられる作り置きレシピです。冷めても硬くなったりパサついたりしないので作り置きにピッタリ。

小分けにして冷凍保存したものを凍ったままお弁当に詰めればお昼には自然解凍され、美味しく食べられます。

材料(2人分)

  • 豚肉(薄切りまたはコマ切れ)・・・150g
  • 溶き卵・・・大さじ3
  • 白ごま(または黒ごま)・・・大さじ2
  • 小麦粉・・・大さじ1
  • 塩・・・小さじ1/2
  • 鶏がらスープの素(または旨味調味料)・・・ひとつまみ
  • コショウ・・・少々
  • サラダオイル・・・大さじ1
  1. 一口大に切った豚肉とサラダオイル以外の材料をボールに入れ、手でもみ込むように混ぜる。
  2. 温めたフライパンにサラダオイルをひき、豚肉を一口大の大きさにまとめながら置いていく。やや弱火で3分ほど焼き、周りが白くなったらひっくり返しさらに2分ほど焼いて完成。

*豚肉はロースがオススメですが、薄切りかコマ切れであればお好みの部位で作り置きできます。
*鶏がらスープの素(または旨味調味料)は無くても大丈夫です。
*冷凍で約2週間保存可能。

豚肉とこんにゃくの味噌煮

ダイエットの味方こんにゃくに豚肉の旨味をプラスした作り置きレシピ。夕食が遅くなった日でもカロリーを気にせず美味しく豚肉を食べられます。

材料(4人分)

  • 豚肉コマ切れ・・・100g
  • こんにゃく・・・1枚(250g)
  • 味噌・・・大さじ1.5
  • 砂糖・・・大さじ1.5
  1. こんにゃくを1cmの角切りにし、水から茹でてアク抜きをする。沸騰したらお湯を捨て、こんにゃくが浸るくらいの水を入れ再度火にかける。
  2. こんにゃくを入れた鍋が沸騰したら細かく切った豚肉を入れ、灰汁を丁寧に取りながら煮る。
  3. 灰汁が出なくなったら砂糖を加え、5分ほど煮てから味噌を加え煮汁が少なくなるまで煮詰める。

*味噌は赤味噌や合わせ味噌などお好みのものを使って作り置きできます。味噌によって味が変わってくるので、味噌を入れた後で味見をして砂糖で甘みを調整してください。
*冷蔵庫で1週間保存可能。

レンジで簡単に作れる煮豚

お弁当にもおつまみにも、ラーメンに入れてもおいしい煮豚がレンジで簡単に作り置きできます。お鍋で作るより煮汁も少なくて済み、短時間で作れるので光熱費の節約にも!

材料(2人分)

  • 豚肉(塊肉)・・・200g
  • ウーロン茶・・・1カップ
  • 醤油・・・カップ1/2
  • 日本酒・・・1/4カップ
  • コショウ・・・適量
  • 八角(お好みで)・・・2かけ
  1. 豚肉全体にコショウを振りかけ、よくもみ込む。
  2. 十分に熱したフライパンに油(分量外)をひき、豚肉の表面全体に焦げ目がつくまで回しながら焼く。
  3. ポリエチレンの袋(ジップロックなど)に豚肉と調味料を入れ、袋の中の空気を抜いて豚肉全体が調味料に浸るようにする。
  4. 深めの容器に袋を入れ、口が一部空いた状態のまま500wのレンジで5分、上下をひっくり返してさらに2分加熱する。
  5. そのまま10分程度放置し味を染み込ませたら煮豚の作り置きが完成。

*豚肉をひっくり返す際やレンジから取り出す際は非常に熱くなっているので、蒸気などで火傷しないように十分注意してください。
*冷蔵庫で1週間保存可能。

忙しい時こそ豚肉の作り置きを!

豚肉には疲労回復効果のあるビタミンB1だけで無く、元気に過ごすために必要な栄養素なども含まれています。忙しい時こそ積極的に取り入れましょう。

生産者がとことんまでこだわって生産した豚肉を、高原町ふるさと納税のお礼の品としてお選びいただけます。豊かな自然の元で育った高原町の豚は、とてもジューシーで柔らかく豚肉本来の甘さや旨味を感じられるとして有名です。ぜひお召し上がりください。

高原町ふるさと納税 お申し込みはこちら