おすすめの返礼品はコチラ

高カロリーな豚バラ肉を調理法や食べ方でヘルシーに!

2015.11.06
高カロリーな豚バラ肉を調理法や食べ方でヘルシーに!

豚バラ肉は脂肪分が多く高カロリーですが、体を作るのに欠かせない栄養素がたっぷり。

ダイエットや健康志向の方に敬遠されがちな豚バラ肉を、さまざまな調理法や食べ方でよりおいしく、ヘルシーに変えるアイデアをご紹介します。

栄養価の高い豚バラ肉

豚のあばら骨部分についている肉で、赤身と脂肪が層になっていることから「三枚肉」とも呼ばれる豚バラ肉。豚肉のすべての部位の中でも、もっとも脂肪分が多く、高カロリーなのが特徴です。

代表的な肉の種類(牛肉・豚肉・鶏肉)100gで比較してみると、一番カロリーが高いのは牛バラ肉で454kcal。その次に豚バラ肉の386kcal、そして牛サーロインが334kcalと続きます。脂質の面から見てみると、豚バラ100g中34gが脂質とされているので脂質1g 9kcalで計算すると306kcalは脂肪分であることがわかります。

しかしながら、豚バラ肉100gを食べるだけで、一日の栄養推奨量といわれる脂質を79%補うことができます。そのほかビタミンB1は49%、ナイアシン35%、さらにたんぱく質28%、亜鉛は26%も摂取できるという、たいへん栄養価の高い食材なのです。

低カロリーでヘルシーに!豚肉をおいしく食べる調理法

単純に高カロリーの要因となる脂肪分を取り除けばカロリーをおさえることは可能ですが、栄養分や旨みまで落としてしまうと意味がありません。余分な脂肪分だけを取り出し、必要な旨みや栄養分は他の食材に浸み込ませて摂取するなど、ポイントをおさえた料理が重要です。

そこで、高カロリーな豚肉をおいしくカロリーダウンできる、工夫を凝らした調理方法をご紹介しましょう。

油で豚肉の脂肪分を溶かし出す

フライパンに油を引き、その中で豚バラ肉を焼いていくと、豚肉の表面からじわじわと脂肪が出てきます。「そんなことをしたら脂まみれになってしまうのでは?」と思われがちですが、これがじつは合理的な方法。油同士は溶け合う性質があるため、豚肉の表面から出た脂肪はフライパンの油へ溶け出すのです。

また、脂肪が溶け出た豚バラ肉を蒸せば、さらに脂肪分を減らすことができ、カロリーダウンに。

ゆでて取り除いたり、煮込んで煮汁に栄養分を含ませる

水と油は反発し合う性質があるため、豚バラ肉をゆでたり煮込んだりすることで、豚肉の脂肪分が分離し、表面に浮き上がってきます。その油を取り除けば、カロリーカットも簡単ですね。

また、角煮などで使うブロック肉は、長時間煮込むほどに脂肪分が抜け、とろとろのゼラチンに変化。お箸でもホロホロとくずれるようなやわらかさと、口に入れた瞬間のとろけるような食感はたまりません。

さらに煮汁には豚肉の旨みや栄養分が溶け出しますので、煮汁までおいしくいただける煮込み料理はとってもおすすめの調理方法です。

焼いて余分な脂肪分を取り除く

アスパラガスやいんげん豆などの野菜に、豚バラ肉をくるくると巻き付けて焼く調理方法は、お弁当のおかずにも便利な一品料理。

豚バラ肉の旨みや栄養分は巻き付けられた野菜に浸み込み、余分な油だけがフライパンに出てきます。そのため、フライパンに出てきた油をキッチンペーパーなどでサッと拭き取るだけでもカロリーダウンに。

焼く際にわずかな脂肪分が野菜に浸み込みますが、本来は脂肪分も旨み要素の1つであり、完全に脂を取り除くとおいしさも半減してしまいます。ほどよい豚バラ肉の脂の旨みに、野菜の甘みがうまく調和した一品は、ジューシーかつヘルシーにいただけるベストマッチな料理とも言えます。

畜産王国・高原町がおすすめするふるさと納税返礼品

豚肉は牛肉に比べても値段が安く、いろんな料理にも使えますので、とっても大切な食材の1つです。

一言に豚肉と言っても、全国にはいろんな品種やブランドのものがあり、それぞれに特徴があります。近くのお店ではなかなか入手できない各地自慢の豚肉は、ふるさと納税の返礼品としてゲットする方法も。普段食べているものと、味の違いを食べ比べてみるのも楽しいですね。

宮崎県高原町は、畜産業が盛んな畜産王国としても知られています。今回は、そんな高原町が自信を持っておすすめしたいおいしい豚肉のふるさと納税返礼品を集めてみました!他にはない高原町自慢の味の数々をご覧ください。

93.宮崎県産豚肉小間肉ズドンと3kg

豚肉小間肉

宮崎県産の上質な豚肉の小間肉を、ドーンと3kg詰め合わせた大満足なボリュームの返礼品。受け取った瞬間のズッシリ感に、いろいろな料理のアイデアが浮かんできます。

自然豊かな大地と美しい水で大切に育てられた豚肉は、栄養もそのままに、豊かな肉質が最大の魅力。カロリーが気になる方には、にんじんやピーマン、キャベツなどと炒める野菜炒めがおすすめです。野菜にほどよく脂と栄養分が吸収され、余分な脂肪が落ちるため、カロリーもおさえられてヘルシーな一品に。

そのほか、しそやチーズを巻いてしそカツにすれば、口に入れた瞬間ジューシーな豚肉の甘みを存分に味わえますよ。

>>ふるさと納税返礼品「宮崎県産豚肉小間肉ズドンと3kg」はこちらから

141.宮崎黒豚焼肉セット約900g

宮崎黒豚焼肉セット

高原町のある西諸(にしもろ)地方で育まれ、雌の豚のみを使用した焼肉用の豚肉セットは、クセのない甘みのある味わいが特徴。豚バラ肉のほか、ロースと赤身をバランスよく詰め合わせた約900gのセットで、ご家族でもしっかりとご堪能いただける返礼品です。

黒豚は他の品種の豚と比べて発育が遅いため、より長い時間をかけて大切に育てられています。豚肉の脂肪にはコレステロールを低下させる脂肪酸が含まれているものの、やはりカロリーは気になるところ。

焼肉であれば肉を焼く際に適度に脂肪分を落とすことができますので、栄養分を損なわずおいしくいただけます。

>>ふるさと納税返礼品「宮崎黒豚焼肉セット約900g」はこちらから

88.食べくらべ!宮崎黒豚セット

宮崎黒豚セット

高原町のおいしい豚肉をよりいろんな食べ方で味わい尽くしたい方には、こちらの黒豚食べくらべセットがおすすめ。しゃぶしゃぶ用にスライスされた豚バラとウデモモ肉、さらにロース肉の味噌漬けを組み合わせた贅沢な一品です。

しゃぶしゃぶは肉をゆでることで、豚バラ肉に多い脂肪分を上手にカットしてカロリーダウンに。野菜と一緒におろしポン酢でいただくと、よりいっそうヘルシーに味わえます。

味噌漬けは、フライパンでじっくり焼いて余分な脂を取り除けば、健康志向の方も豚肉の優れた栄養分をおいしくいただけるメイン料理に。黒豚のやわらかい肉質と脂のやさしい甘みをご堪能ください。

>>ふるさと納税返礼品「食べくらべ!宮崎黒豚セット」はこちらから

上手にカロリーダウンしておいしい豚肉を味わおう!

臭みが少なく、肉質のやわらかさと旨みが魅力と多くの方々から高い評価をいただいている、畜産王国・宮崎県の豚肉。いろんな調理方法でカロリーをおさえながら、豚バラ肉などの肉本来の旨みをおいしく味わい、栄養分も上手に摂取できます。

高原町ふるさと納税の返礼品は、今回ご紹介したものの他にも、極上の豚肉セットをたくさんご用意しています。この機会に、宮崎県の生産者が愛情を込めて育てた豚肉をぜひ味わってみてください。

高原町ふるさと納税 お申し込みはこちら