ふるさと納税で選べる『ナッツのはちみつ漬け』を紹介!

2018.3.19
ふるさと納税で選べる『ナッツのはちみつ漬け』を紹介!

東京から高原町に移住して来られた北原優美さんは、ふるさと納税の返礼品として『ナッツはちみつ漬け』を出品しています。

北原さんは当サイト(高原町ふるさと納税 特設サイト)での取材を通じてたくさんの生産者と出逢い、良質な商品を見続けてきました。
そして、現在では自ら事業を起こし、『ナッツはちみつ漬け』を作り販売を手掛けるようになったのです。

今回は北原さんの事業所『サロン・ド・モンターニュ』を訪問し、お話を伺います。

初登場!こだわりが詰まった『ナッツはちみつ漬け』

ナッツはちみつ漬け

『サロン・ド・モンターニュ』では、地元で採れた純粋なはちみつを使った『ナッツはちみつ漬け』を作っています。

使うのはとっておきの”はちみつ”

齊藤養蜂場

とろーり甘~いはちみつは、ふるさと納税でも抜群の人気を誇る『齊藤養蜂場のはちみつ』を使用。まじりけのない純粋なはちみつは、とてもフレッシュな味わいです。 

北原さんがこの地元の”はちみつ”を使うには理由がありました。

以前、ふるさと納税返礼品の取材で齊藤養蜂場を訪れ、実際にはちみつを採取する様子を間近で見て、何よりも安心して食べられることに感動!そして、ずっとこの素材を生かした商品を作りたいと考えていたそうです。

齊藤養蜂場の取材記事はこちら:家族の絆で上質なはちみつを~ふるさと納税で人気の“国産はちみつ”をレポ〜

”はちみつ”と相性の良いものを

”はちみつ”を使った市販の商品には、しょうが、ゆずなどたくさんありますが、北原さんがこだわったのは、大好きなパンに合うこと。

パンとはちみつ

じつは、北原さんの旦那様はパン作りが趣味なのだそう。小麦粉をこねて作る手作りのパンはとても美味しく、優美さんや子どもたちにも大人気!

「このパンに合う”はちみつを使った食品を作れたらいいな、というところから、このはちみつにはどんな食材が合うのかなと考え始めました。そんな時、出張先で見かけたのが、ナッツを詰め込んだはちみつ”ハニーナッツ”。これならパンにもピッタリだと思いました。」

食感にもこだわりを

「帰宅してすぐに試作してみると、とろーり甘~いはちみつとカリッとしたナッツの食感がたまらなく美味しい。いろいろなナッツを入れて、一番美味しいと感じたのは”くるみとアーモンド”の組み合わせでした。」

パンだけでなく、ティータイムでのパンケーキとの相性もバッチリです。

食品製造までの道のり~美しいものを形に

北原さんは美味しいものにとても興味があって、料理も好き。この事業所でお菓子の製造許可も取得したほど。

また、この事務所と兼用している町から委託された学童クラブでも、おやつは全部手作りなんだそうです。こどもたちの笑顔が想像できますね!

やっぱり安心が一番

「ふるさと納税の取材で養蜂場の齊藤さんと出逢ったことが、この”はちみつ”を使いたいと思ったきっかけでした。とにかく美味しいし、安心して食べられる。」

今回『ナッツはちみつ漬け』を作るにあたり、保健所に確認したり、商品に添付する表示方法を勉強したりと入念な準備をしたそうです。

安心して商品を買っていただくための努力は欠かせません。

わくわく感を届けたい

ナッツはちみつ漬け

『ナッツのはちみつ漬け』は、透き通った四角いガラスのビンに詰められています。ガラスのなかで、とろりとした黄金色のはちみつがアーモンド・くるみにからんでツヤツヤと輝いています。

「美しいものが大好きなので、ビンを選ぶのもラベルのデザインするのもこだわっています。なにより、自分がわくわくしながら作ったので、この想いを商品を通じてお届けしたかったんです。」

確かに、眺めているだけも楽しくなりますね。

美しい山の風景とともに

美しい山々

北原さんは、山の風景に吸い寄せられるようにして東京からこの高原町に移住して来ました。

「これからも『サロン・ド・モンターニュ』を通じて、高原の美しいもの、美味しいものに関わっていきたいと願っています。」

山を見上げて笑顔で話す北原さんは、もう立派な”たかはる人”でした。

北原優美さん

心を込めて作られた『ナッツはちみつ漬け』で素敵な朝食を

ナッツはちみつ漬け

北原さんの想いがこもったこだわりの一品。『ナッツはちみつ漬け』はふるさと納税の返礼品としてお選びいただけます。

トロ~りとした甘いはちみつとナッツ食感が奏でるハーモニーを、ぜひ一度お試しください。

>>ふるさと納税返礼品「ナッツはちみつ漬け」はこちらから

(インタビュアー・文:亀田 桂子/ライター)

高原町ふるさと納税 お申し込みはこちら