おすすめの返礼品はコチラ

宮崎牛の味の魅力について

2016.12.30
宮崎牛の味の魅力について

高品質で味に定評のある宮崎牛は、宮崎を代表するおいしい食べ物のひとつです。国内の有名ブランド牛のなかでも、もっとも美味しいといえる宮崎牛。多くの人を魅了する宮崎牛の味の魅力についてみていきましょう。

宮崎牛の味の魅力

宮崎牛の味の魅力は、口に入れた瞬間に溶け出すほどの柔らかさと、上品で芳醇な香り。細かく入った霜降りと、ほどよく締まった滑らかな赤身の絶妙なバランスが作り出すその舌触りは、宮崎牛ならではです。

良質な脂身は、濃厚な風味でありながらしつこくなくあっさりとした後味。牛肉独特のクセやにおいもまったくありません。和牛オリンピック2冠達成も納得の味わいです。

牛肉の味に違いがでる要因

牛肉の味に違いがでる要因は、おもに牛の血統、飼育方法、畜産農家の技術にあるといえます。それぞれについてまとめました。

宮崎牛のすぐれた血統

牛肉の味には、血統が大きくかかわっています。宮崎県は、古くから種牛の育成に力をいれてきました。他県の味に定評のあるブランド牛産地に、たくさんの子牛を提供していることからもその血統のよさがうかがえます。

最高の肉質と日本一の味をほこる宮崎牛は、優秀な種牛の存在があってこそ。宮崎牛は、うまれながらにして最高の味を保障されているといっても過言ではありません。

宮崎牛の最高の味わいをつくる飼育環境

オーストラリアでは牛は広大な牧場で放し飼いにされ、牧草を食べて育ちます。手間がかからずエサ代も安くすむのがメリットですが、牧草をエサにすることで独特の臭いがでてしまうというデメリットがあります。アメリカでも牛は放し飼いですが、エサは穀物のため独特の臭いはありません。

宮崎牛も穀物を食べて育ちます。では、なぜ宮崎牛とアメリカ産牛肉に味の違いがうまれるのでしょうか?その答えは、宮崎牛が放し飼いではなく牛小屋で飼育されるところにあります。

牛小屋で飼育することで、一頭一頭にしっかり目が行き届き徹底した品質管理が可能に。牛の個体差による、味と品質のばらつきを最小限におさえます。きれいな空気と良質な水のある、豊かな自然に恵まれた環境も宮崎牛の最高の味わいをつくる要因のひとつといえます。

熟練の畜産農家の高度な技術

宮崎牛の、見た目も美しい極上の霜降りと日本一の味は、まさに畜産農家熟練のわざのたまもの。宮崎牛の高い基準をクリアし、美味しさを維持していくためには畜産農家の高度な技術が必要不可欠です。

その高い技術と知識は、畜産農家の長年にわたる経験と努力の積み重ね。与えるエサの違いや育て方によって、肉質や味に違いがでてしまう牛の飼育はとてもデリケートなもの。

畜産だけではなく、食物や栄養の知識もフルに活用して、与えるエサの配合や量を一頭一頭変えるなど、キメ細かな気配りが必要とされます。宮崎牛の飼育には、高度な畜産技術に加えたいへんな手間と時間がかかっているのです。そこには、牛へのたっぷりの愛情が感じられます。

プレミアムな味わいの宮崎牛

とろけるような食感と、コクのある芳醇な風味が特徴の宮崎牛。そのプレミアムな味わいを維持するためには、すぐれた血統と一頭一頭に合わせた飼育、畜産のプロの経験と高度な技術が必須です。

豊かな自然の中で手間ひまかけて育てられた宮崎牛は、高原町ふるさと納税のお礼の品としてお選びいただけます。ご自宅で、贅沢に宮崎牛を味わってみてはいかがでしょうか。

高原町ふるさと納税 お申し込みはこちら