ホーム > 暮らす > 福祉・子育て > 各種公共料金の割引制度について

各種公共料金の割引制度について

1)NHK放送受信料の減免

 身体障害者手帳の交付を受けた世帯で、所得によりNHK放送受信料の減免を受けることが出来ます。

対象者

 全額免除
  • 「身体障害者」「知的障害者」「精神障害者」が世帯構成員であり、世帯全員が市町村民税(住民税)非課税の世帯
 半額免除
  • 視覚・聴覚障害者が世帯主の場合
  • 重度の障害者(身体障害者、知的障害者、精神障害者)が世帯主の場合

手続きに必要なもの

  1. 身体障害者手帳または療育手帳
  2. 印かん

2)航空運賃の割引

 身体障害者手帳または療育手帳の交付を受けた人で、第1種及び第2種の一部の人が国内の定期航空路線を利用される場合、運賃割引を受けられます。
 なお、障害の程度によっては、福祉事務所等による証明印が必要な場合や割引の対象とならない場合があります。

3)JR等運賃の割引

 身体障害者手帳または療育手帳の交付を受けた人が、手帳を発売窓口に示すことにより、割引乗車券を購入することが出来ます。小児定期の割引はありません。
 なお、障害の程度及び乗車券の種類によっては、割引の対象とならない場合があります。

4)バス運賃の割引

 身体障害者手帳、療育手帳、精神保健手帳の交付を受けた人(及びその介護者)が、手帳を示すことにより、運賃の割引を受けることができます。小児定期の割引はありません。
介護者の割引には手帳に「介護付」シールが必要です。障害者が小学生のときは「介護付」シール添付の場合に、介護者のみ割引されます。療育手帳(B−1、B−2)所持者で、養護学校等に通学される人には「介護付」シールを添付することが出来ます。
 なお、障害の程度によっては、割引の対象とならない場合があるほか、学齢未満の障害児の場合、本人・介護者とも割引はありません。

5)有料道路の割引

 身体障害者手帳または療育手帳Aに記入された証明書を提示すると通行料金が半額になります。

対象者

  • 本人運転の場合・・・・身体障害者手帳の交付を受けている方
  • 介護者運転の場合・・・第1種障害者が乗車する自動車を運転する場合

自動車の範囲

 登録車両は障害者1人につき1台です。本人または生計を一にする者が所有する自家用車に限られ、営業者やレンタカー等は対象になりません。

手続きに必要なもの

  1. 身体障害者手帳または療育手帳A
  2. 運転免許証(本人運転の場合のみ)
  3. 車検証
 (ETCを利用の場合は)
  • 申請者本人名義のETCカード
  • ETC車載器の管理番号

有効期限

 新規申請及び変更申請の場合は申請した日から、申請日以降、対象障害者の2回目の誕生日までとなります。
 更新申請(有効期限満了日の2か月前から有効期限満了日の前日までの間の申請)の場合の有効期限は申請した日からその対象障害者の3回目の誕生日までとなります。

 ※上記のものは、申請のたびに必要ですので必ずご持参下さい。

お問い合わせ先
町民福祉課 福祉係
電話番号 :0984-42-1067(内線153/154/155/156)
メールアドレス : fukushi@town.takaharu.lg.jp