ホーム > 暮らす > 福祉・子育て > 養護老人ホーム入所について

養護老人ホーム入所について

対象者

 養護老人ホームの対象者
65歳以上 身体上、精神上または環境上の理由及び経済的理由により居宅において生活できない方。
60歳以上 入所基準に適合する方。
60歳未満 次のいずれかの場合に該当する方。
  • 老衰が著しく、かつ、生活保護法に定める救護施設への入所要件を満たしているが救護施設に余力がないため、これに入所することができないとき。
  • 初老期認知に該当するとき。
  • その配偶者(60歳以上の者に限る。)が老人ホームの入所措置を受ける場合であって、かつその者自身が老人ホームへの入所基準に適合するとき。

入所条件

 身体上、精神上または、環境上の事情については、下の(1)に該当し、かつ、(2)〜(5)のいずれかの事情に該当すること

 養護老人ホームの入所基準
(1)健康状況 入院加療を要する病態でないこと。
伝染性疾患を有しても、他の被措置者に伝染させる恐れがないこと。
(2)日常生活動作の状況 入所判定審査票による日常生活動作事項のうち、一部介助が1項目以上あり、かつ、その高齢者の世話を行なう養護者等がないか、またはあっても適切に行なうことができないと認められること。
(3)精神の状況 入所判定審査票による認知等精神障害の問題行動が軽度であって日常生活に支障があり、かつ、その高齢者の世話を行なう養護者等がないか、またはあっても適切に行なうことができないと認められること。
(4)家族の状況 家族または家族以外の同居者との同居の継続が高齢者の心身を著しく害すると認められること。
(5)住宅の状況 住居がないか、またはあってもそれが狭あいである等、環境が劣悪な状態にあるため、高齢者の心身を著しく害すると認められること。

入所手続き

  1. 申請書一式を町民福祉課福祉係へ提出
  2. 福祉係は、申請者の実態調査を行なう。
  3. 中部・北西諸県地区福祉連絡協議会へ入所判定依頼書を送付
  4. 入所判定委員会において審査を行なう。
  5. 判定結果が出たら入所について老人ホームと調整する。

費用徴収について

 老人ホームの費用徴収は、入所者本人の負担能力に応じて行います。
入所者本人から費用徴収が行なわれる場合でも、その徴収額が措置費支弁額に満たない場合は、その差額の範囲内で扶養義務者の負担能力に応じて徴収されることになります。

 費用徴収の対象となる扶養義務者の範囲は、入所者本人と同居していた配偶者又は子です。
 ただし、一人暮らし老人の場合については、同居世帯との公平を図るという観点から、別居している子であって、一人暮らし高齢者を税法上の扶養控除の対象としている等のような場合は当該別居の子を扶養義務者として取扱うことになります。

お問い合わせ先
町民福祉課 福祉係
電話番号 :0984-42-1067(内線153/154/155/156)
メールアドレス : fukushi@town.takaharu.lg.jp