ホーム > 暮らす > 国保・後期高齢 >  退職者医療制度について

退職者医療制度について

 会社などを退職した、65歳までの人とその家族(被扶養者)は、「退職者医療制度」で医療を受けることになります。
 この制度は、被用者保険と国保との間の費用負担の不均衡を是正するため、被用者保険をやめた人の医療費については被用者保険が賄うための制度です。

対象となる方

  1. 国民健康保険に加入している人。
  2. 厚生年金や各種共済組合などの老齢年金や退職年金などの受給権者で、その被保険者期間が20年以上または40才以降10年以上ある人。
    (ただし、国民年金は対象になりません。)

 以上2つの条件のすべてにあてはまる人とその被扶養者です。

届出方法

 保険証・年金証書をご持参の上、役場1階町民福祉課保険係窓口で受け付けています。

 ※退職被保険者の適用の適正化と被保険者の利便を図るため、市区町村が公簿などで退職被保険者該当の事実を確認できる場合は、届け出なしで退職被保険者証を交付します。

お問い合わせ先
町民福祉課 保険係
電話番号 :0984-42-1067(内線161/162/163/164)
メールアドレス : cyoumin@town.takaharu.lg.jp