ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

高原町ロゴ

トップページ > ふるさと納税 > 地域に密着した天然薬草茶で健康生活はじめませんか

地域に密着した天然薬草茶で健康生活はじめませんか

2017年9月14日

地域に密着した天然薬草茶で健康生活はじめませんか

昔からその地域に伝わる『薬草茶』。霧島連山の澄んだ空気と水で育った良質な薬草を原料に地域に密着した薬草店を営む山下薬草店の代表取締役山下洋一さんに、自社で作っている薬草茶と事業にかける想いなどをうかがってきました。

自社で作る『薬草茶』の特徴とこだわり

山下薬草店さんが作る『薬草茶』は、この地域ならではの特徴とこだわりがあります。

ブレンドティー

霧島周辺の自然が詰まった天然の薬草

―山下薬草店さんで製造・加工している薬草茶の特徴を教えてください。

「すべてノンカフェインで農薬不使用です。高原町近辺、霧島周辺に自生しているものを中心に使用しています。」

―特にこだわっていることなどありますか?

「原料となる薬草はほとんど地域の方の持ち込みです。採る方は高齢の方が多いので、ごみが入らないようにすることや、乾燥物については干し方に注意してもらうこと、農薬飛散の可能性がある畑の横や車通りの多いところ、犬の散歩道などの薬草は採らないことなどいわゆる採取場所は特に重要視しています。」

薬草の持ち込み

薬草の魅力とは

―最近は健康志向が高まって、サプリメントやハーブなどが注目されていますが、その中で薬草ならではの魅力とはなんでしょう。

「その土地で採れるものがその土地の人に一番合っているということでしょうか。たとえば旬の時期に旬の物を食べるように、日本人には日本で採れた物が一番合っているとか、この地域で採れる物はその地域の人に一番合ってということですかね。」

穏やかな口調でひとつひとつ丁寧にわかりやすく答えてくださる山下さん。地域や人を大切にし、わかりやすい丁寧な薬草茶作りを心掛けているのが伝わります。

薬草店にかける想い

山下薬草店の外観

長年高原町で薬草を集荷・製造・加工・販売をしている山下薬草店。山下さんは家業を継ぐため勉強の場として製薬会社に就職し、多少30歳近くで高原町に戻り代表取締役に就任しました。

3代目として経営に関わることとなった山下さんの事業にかける想いなどをお聞きしました。

価値の違いが3代目の始まり

「創業は36年ですが、戦後から祖父と祖母が薬草集荷業としてずっとやっていまして、2代目の父の時に有限会社を設立しました。」

―3代目を継ぐにあたって自分が描くビジョンなど何かありましたか?

「当時はまったくなかったです。父と同じ事をすれば良いかなぁという感じでした。でも大阪で同じ業界に入り仕事をしてみたら、業界と田舎とでは薬草に対する価値がまったく違ったんです。」

―具体的に何が違ったのでしょうか?

「うちの原料、いわゆる薬草は業界内ですごく評価が高いにもかかわらず、とても安い価格で取引されていました。質は良いのにその価値を会社も地元の人もわかっていなかったんです。」

― 質が良いということとはどういうことでしょうか?

「色、味、香りが良いということです。質が良い理由は、水とか空気、自然環境が良いということです。」

薬草文化を継続していくための努力

「採取していただくのは9割ぐらい地域の方です。薬草がないとこの仕事はできないし、採取した薬草を買い取ることで地域の人の仕事を作り還元できると思っています。」

―地域の人と霧島の自然があってこそということでしょうか?

「そうですね。高齢化社会でどんどん採る人も少なくなっていますが、買い取りの値段が上がれば採る人も増えてくるのではないかと思っています。」

薬草を生かす

山下さんには、経営理念にも繋がる薬草を生かした薬草店ならではのビジョンがあります。

「自社で栽培することも考えていましたが、地域に還元することを考えると採ってきていただいた方が良いかなと思っています。町内に限らず、温泉とコラボして健康に良い町づくりをしたり、他県の人を呼んで山の散策など山と温泉と薬草という流れができれば良いかなぁと思っています。」

先人の知恵と自然の価値を知り、地域の人と資源を大切しながら良質な薬草と薬草茶を提供し続けている山下薬草店。価値を知るということが地域を盛り上げることに繋がることでもあることを教えていただきました。

霧島連山

ふるさと納税の返礼品のご紹介

山下薬草店の返礼品

最後に山下薬草店が高原町のふるさと納税で提供している厳選した薬草で作った『薬草生活』という5種類のブレンド茶をご紹介しましょう。

寒さに弱いあなたに~「あったか生活」

タンポポ茎葉をメインに、オオバコ、サルノコシカケ、焙煎ハトムギヨモギ、ヨモギ、生姜、全6種類の薬草をブレンドしたお茶です。

食生活が気になるあなたに~「さらさら生活」

ドクダミをメインに、オオバコ、タラの葉、カキドオシ、柿の葉、ヨモギの全6種類の薬草をブレンド。

お腹もお肌も気になるあなたに~「するする生活」

こちらはドクダミをメインに、サルノコシカケ、焙煎ハトムギ、びわの葉、オオバコ、ヨモギ、全6種類の薬草をブレンドしたお茶です。

運動が苦手なあなたに~「ひきしめ生活」

ドクダミと桑の葉をメインに、クマザサ、月見草、トチュウ、ヨモギの全6種類をブレンドしています。

忙しいあなたに~「ゆっくり生活」

シソの葉をメインに、ウラジロガシ、桑の葉、ドクダミ、クマザサ、ヨモギの全6種類を使ったお茶です。

生活に合った薬草をブレンドして作った山下薬草店の『薬草茶』。少量ずつのティーパックになっているので手軽に使えて便利です。ゆっくり煎じて飲めばそれぞれの色や香りも楽しめます。

地域資源を大切にした薬草茶

薬草茶

自然豊かな霧島周辺で育った薬草で作ったブレンド茶『薬草生活5種類セット』。ふるさと納税ではギフトセットにしてご提供しています。

薬草茶初心者でもわかりやすいパッケージ表示となっていますので、その日の気分や体調に合わせて5種類の中からお選びいただけます。ティーパックで飲みやすくなった薬草茶で健康生活はじめてみませんか。

(インタビュアー・文:梅本かよ子/ライター)