ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

高原町ロゴ

トップページ > ふるさと納税 > 町の老舗が作る、ふるさと納税で人気のお菓子セットをレポ!

町の老舗が作る、ふるさと納税で人気のお菓子セットをレポ!

2016年10月27日

町の老舗が作る、ふるさと納税で人気のお菓子セットをレポ!

老舗の作る愛情たっぷりお菓子が、ふるさと納税特産品として味わえるようになりました。

今回は人気のロールケーキと生どら焼きの魅力を、『お菓子のまきひら』3代目店主の牧平 修さんに伺いました。

ふるさと納税でも人気!地元で長く愛される町のお菓子屋さん

ロールケーキ カット

ふるさと納税でも人気のお菓子セットを製造するのは、霧島のふもと高原町にある、創業100年になる老舗『お菓子のまきひら』。

お菓子のまきひらでは、ケーキや和菓子の他、地域の伝統菓子など、さまざまな商品が作られています。

地元に愛されて30年!ふるさと納税で味わえるお菓子とは

ふるさと納税では、その数ある商品の中から、30年の長きに渡り地元で愛されてきた『ロールケーキ』と『生どら焼き』を提供しています。

普段なかなか見ることのできないお菓子製造の様子を見せていただきました。

3層仕上げの生チョコロールケーキ

お菓子のまきひら ロールケーキ切る

こちらは、生チョコロールケーキにホワイトチョコを塗っている様子です。このロールケーキに使われるココア生地には、高原町産の小麦がブレンドされています。

そのココア生地にチョコクリームを塗ってロール状にした後、チョコクリーム・ガナッシュ・そしてホワイトチョコと、3層に仕上げています。

3層仕上げの生チョコロールケーキ

できたての生チョコロールケーキ、とっても美味しそう!

生チョコロールケーキ

チョコで仕上げた後は、3等分にカットし完成です。ふるさと納税特産品では、完成後を冷凍しお届けします。

生地のつやと手作りの生クリームあんがおいしい生どら焼き

生どら焼き

あんを混ぜた生クリームを、きれいに焼き上げた皮にはさむ生どら焼きについても、作り方を伺いました。

「どら焼きの皮にも高原町産の小麦を一部使用しています。これは1枚1枚手で焼いています。」

焼き器

長年大事に使われてきたこちらの焼き器が、先代から50年も活躍しているそう。

これで焼いたどら焼きの皮は、つやつやで焼き目がとてもきれい!また、どら焼きと言えば、中に挟む“あん”も大事!こちらもお店で手作りされているそう。

あん製造機

「この銅鍋を使って手作りしています。これももう長く使っている機械ですね。ボイラーでお湯を沸かして銅鍋を温めながら、時間をかけてあんを練っていきます。」

このようにどら焼きも1つ1つ丁寧に作られています。

ふるさと納税で味わえるお菓子セットはこちら!

お菓子のまきひらが提供するふるさと納税特産品は、『生チョコロール・抹茶のロールケーキ』と『洋菓子セット』の2種類です。

ケーキ好きにはたまらない!『生チョコロール&抹茶ロール』

生チョコロール&抹茶ロール

先に紹介した生チョコロールケーキと、抹茶のロールケーキが1本ずつ入った、ケーキ好きにはたまらないセットです。

高原町産の小麦をブレンドした軽めの生地で、とても食べやすいと好評です。

人気のお菓子が勢揃いの『洋菓子セット』

洋菓子セット

こちらは、お菓子のまきひらでも長年の人気を誇る、生チョコロールと生どら焼きのセットです。

生チョコロールケーキ1本に、生クリームどら焼き3個・抹茶の生クリームどら焼き3個がセットになっています。

安心・安全を一番に

-お菓子を作る際に、大事にしていることは何でしょう?

「安心・安全を一番大事にしています。今は消費者側の意識も高くなっているので、いいものを作っていかないとですね。」

そう話しながら、てきぱきと、かつ丁寧に商品作りに取り組む牧平さん。長年培ってきた熟練の技とともに、その真剣な表情からも、お菓子作りへの真摯な想いが伝わってきました。

1つ1つ丁寧に手作りされた老舗の味をふるさと納税で

こうしたこだわりを胸に、1つ1つ丁寧に手作りされている、お菓子のまきひら特製『ロールケーキ』と『生どら焼き』。

「地元に貢献したい」との想いがこもった、30年に渡り地元で愛され続ける美味しさは、ふるさと納税特産品としても全国に広がっています。皆さまもぜひご賞味ください!

(インタビュアー・文:北原 優美/ライター)