ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

高原町ロゴ

トップページ > ふるさと納税 > 大注目!つぼ漬けのカロリー

大注目!つぼ漬けのカロリー

2015年12月11日

大注目!つぼ漬けのカロリー

みなさん「つぼ漬け」というお漬物をご存知でしょうか?低カロリーで便秘解消、ダイエットなどに期待ができる食品です。今回は、つぼ漬けのさまざまな効果をご紹介します。

つぼ漬けとは

つぼ漬けとは、干した大根を杵(きね)でついて繊維をほぐしてから洗い、もう一度風干しにして一本ずつ塩もみした後、壺に詰めて半年ほど寝かせ飴色になったものや、醤油ベースの調味液で味付けされたものが存在します。

南九州で今でも多く作られ、噛むたびにパリパリと音がし触感に特徴がある伝統的なお漬物です。「山川漬け」とも言われることがありますが、厳密にいうと異なるものとされています。

「つぼ漬け」は低カロリー

ダイエットをされる方や健康志向の方が一番気にされるのがカロリーですよね。ダイエット中でもスナック菓子のように塩気のあるものが欲しくなりませんか?塩気のあるものでカロリーの低いものは少ないです。

しかし「つぼ漬け」は低カロリーでパリパリの食感で満足感を得られるのでダイエットにも活躍するでしょう。

漬物100gあたりのカロリー

  • つぼ漬け…98kcal
  • なら漬け…160kcal
  • オリーブのピクルス…147kcal
  • わさび漬け…145kcal
  • ふくじん漬け…138kcal
  • なすのからし漬け…120kcal
  • らっきょう…115kcal

さまざまな漬物のカロリーを並べてみましたが、つぼ漬けのカロリーは98kcalと、他の漬物と比べてもかなり低カロリーなことが分かります。

「つぼ漬け」で便秘解消!

つぼ漬けは、カロリーが低いだけでなく、便秘解消も期待できます。その理由は2つ。

1.「乳酸菌」が含まれている

つぼ漬けは原料となる大根を発酵して作られるので、“乳酸菌”が含まれています。乳酸菌とは腸の悪玉菌を減らし善玉菌を増やすので、腸の調子が良くなります。

ひと昔ならば、乳酸菌は生きて腸まで届かないと便秘解消の効果がないと言われていましたが最近では、乳酸菌は生きていても死んでいても、 腸に届けば善玉菌のエサになり、善玉菌が増え悪玉菌が減るので便秘解消の効果があると言われています。

2.「食物繊維」を多く摂りやすい

生野菜では見た目のカサが多くても、ほとんどが水分なので食物繊維を効果的に摂取することができません。

しかし、つぼ漬けは原料の大根を漬けこむことで水分が凝縮され、かさが減り繊維を多く摂ることができるのです。また食物繊維は脂肪の吸収を抑制する効果があります。

さらに嬉しい「つぼ漬け」に期待できる効果

低カロリーで便秘解消につながれば、ダイエットにも期待大ですよね!他にも、つぼ漬けには以下のような効果も期待できます。

酵素のチカラ

大根にはアミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼなど、3つの「消化酵素」が含まれています。その中の「アミラーゼ」はごはんやパンなどに含まれるデンプンの分解や消化をうながすため炭水化物の消化を良くなります。胃もたれのときにオススメです。

豊富なビタミン

ビタミンは体調を整えるのに必要な栄養です。しかしビタミンは熱に弱いので調理の際に溶け出してしまうのです。しかしつぼ漬けならばビタミンを損なわずに摂りこむことができます。

気になる「塩分」

漬物と言えば気になるのが塩分だと思いますが、以前より減塩の製法が確立されているため食べ過ぎなければ気にすることない程度までに変化しています。それでも塩分が気になる場合は、サッと水洗いをしたり、水につけたりして塩出ししてから食べるとよいでしょう。

栄養豊富で低カロリー「つぼ漬け」を食べよう!

宮崎県は、つぼ漬けなどの加工用大根の生産量は全国第1位です。冬は気温が下がり、「霧島おろし」と呼ばれる乾いた風や大根を痛めるとされる氷点下になりにくい気象条件が整っているため、大根を干すのに良いとされています。また火山灰分が多い地質なため保水力があり良質の大根ができるのです。

宮崎の豊かな自然で育った大根の「つぼ漬け」を「高原町ふるさと納税」のお礼の品として選ぶことができます。低カロ―でありながら、さまざまな栄養がいっぱいの「つぼ漬け」は、一度食べたら病みつきになること間違いなしの、ぜひご賞味いただきたい逸品です。