ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

高原町ロゴ

トップページ > ふるさと納税 > 味噌を使った簡単レシピとおすすめの味噌を紹介

味噌を使った簡単レシピとおすすめの味噌を紹介

2017年7月14日

味噌を使った簡単レシピとおすすめの味噌を紹介

おうちで簡単にできる、味噌を使ったレシピをご紹介します。味噌は、蒸した大豆に食塩と麹を加えて発酵・熟成させた調味料です。アミノ酸やビタミンを含み、栄養豊富!深みのある味わいで、時短料理にも大活躍です。

ゆで豚の味噌和え

ゆで豚の味噌和えの画像

味噌とわかめは相性のよい取り合わせです。豚肉と合わせて、簡単・便利な一品。油を落としたゆで豚にコクのある味噌がマッチして、ヘルシーなレシピです。

材料(2人分)

  • 豚肉(薄切り肉)150g
  • わかめ30g
  • 小口ねぎ50g
  • しょうが10g
  • 味噌 大さじ1/2、オリーブ油、酢 各大さじ1
  • 酒大さじ2/3、ごま油大2/3、いりごま 少々
  1. 豚肉は食べやすい大きさに切る。酒とごま油をもみ込んでおく。
  2. わかめは水洗い後一口大に切り、ぬるま湯にさっとつけ水気をきる。しょうがはみじん切りにする。
  3. 味噌、オリーブオイル、酢、しょうがを合わせて混ぜ、ドレッシングを作る。
  4. 熱湯で豚肉をゆで、ざるにあげる。
  5. ゆでた豚肉とわかめ、みじん切りにした小口ねぎをドレッシングと和え、器に盛ったあと、いりごまをまぶす。

くるみの豆腐田楽

くるみの豆腐田楽の画像

オーブントースターを使った簡単な豆腐田楽です。あっさりとしたお豆腐に、焼き味噌の香ばしさとくるみの歯ごたえがよく合うレシピです。

材料(2人分)

  • 木綿豆腐1丁
  • くるみ25g
  • 味噌40g、みりん 大さじ1/2、さとう 大さじ1、酒 大さじ1
  1. 豆腐は水切りをおこなったあと、6つに切る。
  2. オーブントースターにアルミを敷き、油を薄く塗る。その上に豆腐を並べ4分程度、軽く水分を飛ばすまで焼く。
  3. くるみは細かく刻む。少量は飾りに残す。
  4. 鍋に味噌、みりん、さとう、酒を入れよく練り混ぜ、くるみを加える。弱火にかけ、焦がさないように練る。
  5. 豆腐に4の味噌を塗りさらに5~6分焼く。
  6. 豆腐を皿にのせ、残りのくるみを飾る。

なすの味噌チーズ焼き

なすの味噌チーズ焼きの画像

味噌は和食にと思いがちですが、チーズにも合うんです。なすを主役にして、練り味噌とチーズで味付けします。もう一品何かという時に、冷蔵庫の中にある材料でできる簡単レシピです。

材料(2人分)

  • なす2本
  • 味噌 大さじ1、さとう、だし、酒 各大さじ1/2
  • とろけるチーズ 適量
  • いりごま 少量、サラダ油 少々 小口ねぎ(みじん切り)少々
  1. 練り味噌を作る。味噌、さとう、だし、酒を合わせ、耐熱皿で電子レンジで20秒加熱する。
  2. なすを斜め切りにし、水にさらしてあく抜きした後、水気をふき取る。
  3. フライパンにサラダ油を引き、なすの両面を中火で焼く。
  4. なすに火が通ったら、練り味噌を塗りチーズをかけて、ふたをして弱火で焼く。
  5. チーズが溶けたら、器にのせ、いりごま、小口ねぎをふりかける。

無添加の手作り味噌がおすすめ

発酵食品である味噌は、日本人に馴染み深く、いろいろと応用できる調味料です。コクがあり、味わいのある風味は、和食のみならずさまざまなレシピに使えますね。

高原町では、霧島山系の湧水で育てた麦と大豆で作った味噌を返礼品として選ぶことができます。無添加の手作り味噌は、安心・安全で、健康を気にするかたにぴったりです。ぜひ一度ご賞味ください。