ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

高原町ロゴ

トップページ > ふるさと納税 > ふるさと納税でも注目される無農薬米と減農薬米

ふるさと納税でも注目される無農薬米と減農薬米

2016年3月23日

ふるさと納税でも注目される無農薬米と減農薬米

近年の健康志向とともに、ふるさと納税でも無農薬米や減農薬米が注目を集めています。無農薬米や減農薬米の良さや、お米の美味しさの見極める基準を紹介します。

無農薬米と減農薬米の良さとは?

ふるさと納税でも人気の無農薬米や減農薬米は、健康に良いというイメージを持たれる方も多いのではないでしょうか。メリットがある反面、デメリットもあることを知っておきましょう。

無農薬米のメリット

無農薬の一番のメリットは、安全・安心であることでしょう。通常は害虫を駆除したり、病気から守るために農薬が散布されていますが、無農薬米は、原則的に農薬を使わずに栽培されたお米なので安全なお米と言えます。

無農薬米の販売を実際にされている生産者の方は、生産努力を公表し、顔が見えやすい状況があるため、高い安心感につながっていると言えるでしょう。

無農薬米にもデメリットはあり、そのひとつが価格が高いこと。消費者の方が毎日食べるには高すぎるという声が聞かれます。ほかには、無農薬米と表記しつつ政府が認めた農薬なら使ってよいといった実情もあるので、しっかりと見極める必要があります。

減農薬米のメリット

ふるさと納税の返礼品のお米の中には「減農薬米」というものもあります。減農薬米とは読んで字のごとく、農薬の使用量を減らしたお米のことです。

近年では、各自治体で厳しい基準を設けながら、農薬の使用量を制限し、減農薬のブランド米の確立を目指しているようです。しかし、実際にどの程度農薬を減らしているのか、減らしているから大丈夫なのかといった消費者の意見が聞かれているのも現状としてあります。

減農薬米の栽培方法は全国各地に存在し、病気や虫に負けずに安定した生産量を確保のため、農薬の使用を制限し、稲本来の力を促す菌を使用して栽培している自治体も存在します。

品質の高いお米が揃う「ふるさと納税」

品質の良いお米は「無農薬」だけにこだわらなくても、ふるさと納税ならではの質の高いお米や、食べたくなる魅力があふれるお米が多く存在しています。

理由1.生産者の顔が見える

高い品質のお米が揃う理由のひとつに、生産者の方の顔が見える安心感が挙げられます。生産者の顔が見えやすいということは、どのような栽培方法で作られているか、農薬や肥料に有害性がないのかなどの生産努力が伝わりやすいのです。そして何より、美味しいお米を食べてほしいという生産者の方の気持ちを掲載している自治体も多く、目には見えない、高い品質の裏付けがそこにはあります。

理由2.地域をアピールするお米だからこその確かな品質

ふるさと納税には、お米以外の返礼品も多くあり、それぞれの地域の特産品や、体験型のツアーで実際に足を運んでもらい、地域の良さを感じることができる自治体も増えています。

豊かな森、清らかな水、どこか懐かしさを感じる空気感、暖かな人のぬくもりが込められているのが、ふるさと納税の魅力や、返礼品の質の高さにつながっています。

ふるさと納税で人気の減農薬米

新嘗祭献穀

全国各地には数多くの美味しいお米が存在していますが、なかでもひそかに人気が出ている「小清水栽培米」をご存知でしょうか。小清水栽培米は、植物の持っている病気や虫に対する抵抗力を引き出すために、有機微生物を効率よく使った減農薬米です。農薬の使用を最小限にすることで人間だけでなく、環境保全にもつながっていることが高く評価されています。

「小清水栽培米」は高原町のふるさと納税を活用することで味わうことができます。冷めても美味しいと好評で、健康には欠かせないミネラルが豊富に含まれている特徴があり、ぜひ一度味わってもらいたいお米です。