ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

高原町ロゴ

トップページ > ふるさと納税 > ふるさと納税は、おいしい「日本酒」がおすすめ

ふるさと納税は、おいしい「日本酒」がおすすめ

2016年3月10日

ふるさと納税は、おいしい「日本酒」がおすすめ

ふるさと納税で返礼品を選ぶなら、日本酒がおすすめです。各自治体が、各地のおいしい日本酒を特産品として取り扱っています。種類も多く、味わい深い日本酒を一度味わってみませんか。

その土地ならではのおいしい日本酒を選びたいなら「純米酒」を

ふるさと納税で日本酒をといっても、いろいろありすぎて迷ってしまいますよね。日本酒選びに迷ったら、ぜひ「純米酒」を選びましょう。

おすすめ理由1.「純米酒」は米のうまみと香りを純粋に楽しめる

日本酒は米や水、麹によって作られています。それらの天然の素材だけで作られるものを「純米酒」。そこに人工的な醸造アルコールを、一定量(使用割合10%以下)添加したものが「本醸造酒」。一定量よりさらに多く醸造アルコールを添加したものが「普通酒」と呼ばれます。

「本醸造酒」などは醸造アルコールを添加することで、味のバランスが安定するといわれています。しかし、日本酒本来のうまみをアルコールで薄めることになり、料理の味を高めるのではなく、消してしまう作用があるとも。

一方、「純米酒」はアルコールを添加したものに比べて、米のうまみと香りを純粋に楽しめます。ふるさと納税でも、料理の味を損なうことなく、食中酒としても最適な純米酒がおすすめです。

おすすめ理由2.希少な日本酒

純米酒の中でもお米の外側をどれだけ削るかによって、純米酒、特別純米酒、純米吟醸酒、純米大吟醸酒とグレード分けされます。

お米の外側の雑味を削ることで、お米中心のうまみを引き出し、削れば削るほどより香り高い日本酒に。その分、手間も時間もかかるお酒なので、純米酒は生産量約1割程度しかありません。

各地からさまざまな日本酒を選ぶことができる、ふるさと納税。せっかくの機会なので、添加物を加えることなく、厳選された希少な純米酒を選ぶとよいでしょう。

おすすめ理由3.お米や酒蔵の個性が出やすい日本酒

純米酒はアルコール添加を行わず、天然素材で作られているので、原材料そのものの品質、味を楽しむことができます。各都道府県でもそれぞれの特性を生かした酒米の開発が進み、高い評価を受ける酒米も増えています。

さまざまな酒米ごとの個性を強く感じられるのは、添加物のない純米酒ならでは。また酒蔵ごとの個性の違いがあらわれやすいのも、純米酒のおすすめのポイントです。

ふるさと納税でも、それぞれの個性を味わってみましょう。

おすすめしたい、初年度3000本完売した純米酒

美味しい日本酒

宮崎県高原町には、霧島山系の豊かな恵みで作られた「穂倉千徳」という純米酒があります。販売を開始した平成25年度に生酒、純米酒合わせて3000本を完売した、人気の日本酒です。

九州では焼酎文化の強いイメージがあるなか、高原町の農業法人はなどうと、県内唯一の日本酒製造蔵元・千徳酒造が立ち上がり共同開発しました。小清水栽培と呼ばれる独自の栽培方法で、他にはない風味の酒米を作り出し、すっきりと飲みやすい日本酒を作っています。

はなどうの米へのこだわり、蔵元の日本酒へのこだわりが凝縮された「穂倉千徳」は、今後さらに人気を集めるお酒となるでしょう。

ふるさと納税でおいしい純米酒を

全国各地、さまざまな日本酒を製造しています。ふるさと納税で日本酒を選ぶなら、希少で米本来の味を楽しめる「純米酒」をおすすめします。それぞれの地域の酒蔵の個性や、お米本来の個性の光る日本酒を味わうことができるでしょう。

宮崎県高原町のふるさと納税では、純米酒「穂倉千徳」を取り扱っております。高原町おすすめの日本酒をぜひ、あなたの食卓に添えてみませんか。