ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

高原町ロゴ

トップページ > ふるさと納税 > 牛肉のスライスを使った絶品レシピをご紹介!

牛肉のスライスを使った絶品レシピをご紹介!

2016年8月18日

牛肉のスライスを使った絶品レシピをご紹介!

どんな料理にも向く牛肉スライスは使い勝手がよく、何をつくろうか迷ってしまいがち。そんな牛肉スライスの魅力を存分に引き出す、絶品レシピをご紹介します。今晩のおかずの参考にしてみませんか?

野菜と一緒においしくいただく「野菜の牛肉ロール」

お肉だけでなく、同時にヘルシーな野菜もいただけるメニューです。牛肉スライスと野菜のうまみが凝縮された煮汁がポイント。お肉と野菜にしみこんだ濃厚な味を、楽しむことができる一品です。

材料(約8本分)

  • 牛肉スライス・・・350g
  • にんじん・・・1本
  • いんげん豆・・・16本
  • ごぼう・・・中1本

調味料

  • 砂糖・・・大さじ3杯
  • しょうゆ・・・小さじ5杯
  • みりん・・・小さじ5杯
  • 塩コショウ・・・少々
  • 小麦粉・・・適量
  1. 野菜を切りわけ、にんじんとごぼうは長さ10cm程度の拍子切りにします。いんげん豆は頭を切り落としておきましょう。
  2. いんげん豆を熱湯でさっと茹でてざるに上げ、下ごしらえをしておきます。
  3. 鍋ににんじんとごぼうを入れて、すべてが浸るくらいの水で茹でます。沸騰したら砂糖、しょうゆ、みりんを加えて柔らかくなるまで煮ます。
  4. 柔らかくなったら鍋からにんじんとごぼうを取り出し、粗熱をとります。煮汁はそのまま大事にとっておいてください。
  5. 野菜の粗熱がとれたら、牛肉スライスで野菜を巻きます。巻き終わったら軽く塩コショウをして、小麦粉をまぶしましょう。
  6. フライパンの油があたたまったら、最初に牛肉のつなぎ目を下にして焼きます。軽くコゲ目がついたら全体を回して、焼き色をつけましょう。
  7. 表面に焼き色がついたら、にんじんとごぼうを煮た煮汁を加えてふたをし、中身まで加熱します。
  8. 牛肉スライスにしっかり火が通れば完成です。お好みでカットしてお皿に盛りつけましょう。

このレシピのポイント

野菜はしっかりと柔らかくなるまで煮ましょう。その方が味もしみこみやすく、牛肉とのバランスもよくなります。

シンプルでかんたんにおいしく「牛肉スライスの卵煮」

シンプルでサッとつくれるレシピですが、牛肉スライスと卵のハーモーニーに驚く一品です。ちょっと贅沢して高級なお肉をつかうと、さらにおいしさがアップ。シンプルなレシピなだけにその効果は絶大です。

材料(3人分)

  • 牛肉スライス・・・300g
  • 卵・・・3個

調味料

  • 砂糖・・・大さじ5杯
  • しょうゆ・・・大さじ4杯
  • 酒・・・大さじ4杯
  • 水・・・大さじ3杯
  1. フライパンに調味料をすべて入れて沸騰させます。
  2. 沸騰したら、フライパンに牛肉スライスを1枚づつひろげて軽く煮ます。煮終わったら、フライパンから牛肉を取り出しておきましょう。
  3. 煮汁の残ったフライパンに割った卵を入れ、フタをして煮ます。お好みのかたさでとり出し、器に盛りつけます。
  4. もう一度煮汁の残ったフライパンに牛肉スライスを戻し、一煮立ちさせれば完成です。卵と一緒に盛りつけましょう。

このレシピのポイント

卵は半熟でとり出すのがおすすめです。とろとろの卵と牛肉のうまみ、そして煮汁がからみあった抜群のおいしさです。ご飯にかけて牛丼風にアレンジしてもよいでしょう。

牛肉スライスはどんな料理にもアレンジ自在

煮るにも焼くにも使い勝手がいい牛肉スライスは、どんな料理にもアレンジして使うことができます。シンプルに焼けば牛肉の素材の旨みを楽しめますし、お子さま向けには野菜とあわせたレシピで、栄養のバランスもバッチリです。

高原町ではふるさと納税のお礼の品として、日本一の高級ブランド牛である「宮崎牛」をお選びいただけます。最高級の牛肉をお好みのレシピにて、ぜひご賞味ください。