ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

高原町ロゴ

トップページ > ふるさと納税 > 全国へ出荷される宮崎の地鶏の魅力

全国へ出荷される宮崎の地鶏の魅力

2015年10月07日

全国へ出荷される宮崎の地鶏の魅力

宮崎県が誇る食材の中でも、鶏肉の評価は非常に高く、県内はもちろん、東京都内の高級レストランでもメインディッシュの食材として扱われることも少なくありません。今回は、そんな宮崎の地鶏の美味しさに迫ります。

うま味が凝縮した宮崎の地鶏

宮崎県内で大切に育て上げられた鶏は、高品質なエサと養鶏に最適な飼育環境にこだわることで美味しい鶏肉として全国、全世界に出荷されています。

中でも「宮崎地鶏」は、こりこりとした歯ごたえが特長。炭火焼や、新鮮なものは刺身としても食べられることで知られています。そんな宮崎地鶏ですが、一般的なブロイラーとはどのような違いがあるのでしょうか?

ブロイラーとは、大量生産・大量育成のために短期間で急速に成長させる狙いで作られた鶏肉の品種のこと。一方で、「地鶏」とは日本農林水産規格により、はっきりとその定義が決められています。

地鶏の定義

地鶏イメージ

  1. 在来種由来の血統が50パーセント以上であること。
  2. 孵化日から80日以上飼育している。
  3. 孵化してから28日目以降は、鶏舎の中か屋外で、鶏が床か地面を自由に動き回れる場所で平飼いしている。
  4. 孵化してから28日目以降は、1平方メートルあたり10羽以下の環境で飼育していること。

このような条件をクリアして初めて「地鶏」と名乗ることができるのです。生産できる数には限りがありますが、その分うま味が凝縮した鶏肉をていねいに作り上げることができるのです。

お礼の品で地鶏が選べる、高原町ふるさと納税

高原町4
生産者の方がじっくり時間をかけることで、普段食べる鶏肉とは違うおいしさを味わえる地鶏。特に、宮崎県の地鶏は全国的にみても有名で、コリコリとした食感が魅力です。お酒との相性も抜群で、一度食べたらやみつきになる味はぜひ多くの方に堪能していただきたい一品です。

高原町のふるさと納税でも、このうま味成分たっぷりの地鶏をお礼の品として取り扱っています。万能たれがついた「古里赤鶏珍セット」やバラエティ豊かな「観光協会セット」もおすすめです。ぜひ、宮崎の自慢の味を食卓でお楽しみください。