ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

高原町ロゴ

トップページ > ふるさと納税 > 豚肉の美味しさを損なわない味付けの仕方

豚肉の美味しさを損なわない味付けの仕方

2016年11月04日

豚肉の美味しさを損なわない味付けの仕方

美味しくて手軽に活用できる豚肉は、味付け次第で料理の幅が広がる便利な食材です。おいしい豚肉の美味しさを損なわない味付けにこだわったレシピをご紹介します。

たれにこだわった豚丼

甘辛い味付けが豚肉の美味しさを最大限に引き出してくれる豚丼は、今や日本中で人気の料理となりました。日本酒を加えてコクを出した味付けのたれをたっぷり絡めた豚丼を作ってみましょう。

材料(豚丼:2人分、たれは約500cc)

  • 豚肉(生姜焼き用ロース)・・・6枚(200g)
  • 砂糖・・・100g
  • 水・・・100cc
  • 熱湯・・・100cc
  • 醤油・・・200cc
  • はちみつ(なければ砂糖)・・・100g
  • 日本酒(できれば純米酒)・・・100cc
  1. 砂糖と水を火にかけ薄茶色のカラメル状になるまで加熱したら熱湯を加え、一旦火からおろす。
  2. 醤油、はちみつ、日本酒を加え、よく混ぜてから再び火にかける。細かい泡が出てきたら5分ほど吹きこぼれないように注意しながら加熱する。
  3. 熱したフライパンに油をひき、豚肉を入れ、両面に焼き色をつける。
  4. たれをお好みの量入れ、照りが出るまで絡めながら焼く。
  5. 丼ご飯の上に豚肉を盛り付け、上にお好みの量のたれをかけて完成。

※たれは熱いうちに密閉できる耐熱容器に入れれば、冷蔵庫で1ヶ月もちます。
※砂糖のかわりにキビ砂糖を使うとさらにコクのある味付けとなります。

豚肉のピカタ

イタリア料理のピカタは見た目が華やかで、おつまみにもお弁当にもご飯のおかずにもなる味付けですが作り方はとっても簡単です。卵で豚肉の美味しさを閉じ込めているので、噛んだ瞬間に豚肉のジューシーな味わいがお口いっぱいに広がります。

材料(2人分)

  • 豚肉(生姜焼き用ロース)・・・6枚
  • 塩・・・少々
  • コショウ(あれば黒挽きコショウ)・・・少々
  • マヨネーズ・・・適量
  • 小麦粉・・・適量
  • 卵・・・2個
  1. 豚肉を半分に切り、塩・コショウで味付けをし、マヨネーズを両面に塗ったら冷蔵庫で30分寝かす。
  2. 豚肉に小麦粉をまぶし、溶き卵をくぐらせる。
  3. 熱したフライパンに油をしき、中火で両面を焼く。あまった溶き卵を絡めながら焼き、両面にきれいな焼き色がついたら完成。

※お好みでケチャップやBbqソース、マヨネーズなどをつけてください。
※豚肉を2枚重ね、間にスライスチーズや大葉などを入れて焼いても美味しく召し上がれます。

タモリさん直伝の生姜焼き

テレビなどでタモリさんが紹介して話題となった生姜焼きのレシピです。ロースやバラなどの薄切り肉を使用し、油なしで焼くことで豚肉本来の甘みや味わいが感じられます。たれに漬け込まずに焼くのにしっかりとした味付けになります。

材料(2人分)

  • 豚肉(薄切り)・・・200g
  • 玉ねぎ・・・中1個
  • 小麦粉・・・大さじ2
  • 生姜すりおろし・・・大きめ1片
  • 酒・・・大さじ3
  • 醤油・・・大さじ3
  • みりん・・・大さじ3
  1. 玉ねぎを薄切りにし、500wのレンジで約1分加熱。
  2. 豚肉に小麦粉をまぶし、熱したフライパンで油をひかずに焼く。
  3. 豚肉に火が通ってきたら玉ねぎを加えさらに加熱する。
  4. 最後に生姜のすりおろしとすべての調味料を入れ、絡めながら焼いたら完成。

※豚肉は薄切りであればどこの部位でも構いません。
※生姜のすりおろしは、市販のチューブ入りでも代用できます。その場合は約2cm分を使用してください。

豚肉をいろいろな味付けで楽しみましょう

豚肉の美味しさを損なわない味付けの仕方

豚肉は和風、洋風、中華風といろいろな味付けが楽してとっても便利!豚肉には旨み成分のグルタミン酸が含まれているので、あっさりとした味付けにもこってりとした味付けにもよく合います。いろいろな味付けにこだわって豚肉本来の美味しさをぜひ味わってください。

高原町では、ふるさと納税のお礼として自然豊かな牧場で育てた特産の豚肉をご用意しております。ジューシーで味わい深い高原町の豚肉をぜひお楽しみください。