ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

高原町ロゴ

トップページ > ふるさと納税 > 知らなきゃ損!ふるさと納税の限度額

知らなきゃ損!ふるさと納税の限度額

2017年1月26日

知らなきゃ損!ふるさと納税の限度額

ふるさと納税は限度額を知ることで、よりお得に返礼品を受け取ることができます。知らないと自己負担額が多くなってしまうので、ふるさと納税を始める前にぜひ一度チェックしてください。

ふるさと納税の限度額とは

ふるさと納税は寄付した後に手続きをすれば、住民税、所得税が控除される制度があります。最大で寄付金から2000円を差し引いた金額が控除され、実質自己負担2000円で返礼品を受け取ることができるので、とてもお得。

しかし、控除はいくらでも受けられるわけではなく、上限があるので要注意。限度額は年収などにより算出されますが、同じ年収でも配偶者控除など他の控除を受けている人は、ふるさと納税での控除が少なくなります。

限度額を超えてしまった場合

もしも、限度額を超えてふるさと納税を寄付した場合、超えてしまった分は自己負担となってしまいます。

そのため、実質自己負担2000円でふるさと納税をうまく活用するには、限度額の目安をきちんと知ることが大切なのです。限度額は年収や家族構成などによって1人1人違うので、個人で確認しましょう。

ふるさと納税限度額の計算方法

ふるさと納税限度額の計算方法を2つご紹介するので、自分に合う方法を選んで限度額を計算してみてください。

算出してくれるサイトを利用する

ふるさと納税上限額の目安を知りたい方は、インターネットがおすすめ。家族構成や年収を入力すれば、おおよその金額を算出してくれるのでとても便利。限度額の目安を調べて、まずは限度額内でどのような返礼品が貰えるか見てみるのも賢い利用方法です。

ふるさとチョイス<外部リンク>では、年収から簡単に限度額の目安を見られる表や、より具体的な金額を算出できる計算も可能。無料の電話相談も受け付けているので、ふるさと納税をお考えの方は相談してみてはいかがでしょう。

お住いの自治体や税理士へ相談する

正確な限度額を知りたい方は、お住まいの地域の役所や税理士に相談するのがよいでしょう。役所や税理士事務所に足を運ぶ手間はありますが、安心して返礼品を選ぶことができます。

ふるさと納税限度額に関する注意点

限度額を考慮してふるさと納税を行ううえで、落とし穴がいくつかあるので、当てはまる項目がないか注意してください。

家族構成の変化

扶養家族が増える予定などあれば、要注意。配偶者控除や扶養控除などを受けることになると、ふるさと納税での控除額は減ってしまいます。仮に限度額ギリギリまで寄付していた場合、自己負担が増えてしまい損することに。

収入の変化

会社員の方は大きく年収が変わることは少ないと思いますが、自営業やフリーランスの方、転職を考えている方は気を付けてください。収入が予想よりも減ってしまうと支払う税金も減るので、結果として控除が少なくなってしまいます。

住宅ローン、配偶者控除などを受けている

税金の控除は限度額が決まっているため、すでに何らかの控除を受けている場合は、ふるさと納税での控除額が下がってしまいます。控除を受けている場合は、少なめに寄付するか役所に相談して正確な限度額を算出してもらうのがよいでしょう。

収入のない方

ふるさと納税の還付は減税というかたちで行われているので、専業主婦など収入がなく税金を納めていない方は、還付を受けることができません。収入がない方の名義でふるさと納税を行うと、寄付金をすべて自己負担することになるので注意しましょう。

限度額を知り、お得にふるさと納税を利用しましょう

久保ブドウ園のぶどう
限度額をきちんと知ることで、お得にその地域の特産品を手にすることができます。産地直送の新鮮な食べ物など、近くでは買えない品々を手にするチャンスですので、利用しない手はありません。

宮崎県高原町のふるさと納税では、自然豊かな土地で育った食物や加工品、温泉旅行などさまざまな返礼品を準備しております。生産者自慢の一品を、ぜひ一度ご覧ください。