ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 産業創生課 > 営業時間短縮要請に伴う協力金について

営業時間短縮要請に伴う協力金について

飲食店等に対する営業時間短縮要請について

新型コロナウイルス感染症が拡大していることから、飲食店等に対し、本町全域において営業時間の短縮要請が行われました。
高原町では、8月14日〜8月31日の18日間、本要請に全面的に協力し感染防止ガイドライン等の遵守を行う事業者に対し、県と連携して協力金を支給します。

対象者

1.本町に所在し、通常の営業時間が午後8時以降も営業している飲食店事業者等。
(持ち帰り(テイクアウト)や宅配(デリバリー)専門店を除く。)
※昨年の「休業要請等協力金」の対象になった事業者であっても、食品衛生法上の飲食店営業許可を持っていない場合など、今回の営業時間短縮要請の対象とならない場合がございますので、ご注意ください。

2.本町に所在し、ガイドラインを遵守し、上記1に該当しない飲食店事業者等(持ち帰り(テイクアウト)や宅配(デリバリー)専門店を除く。

要請内容

〇時間短縮営業要請の全期間において夜8時から翌朝5時までの間に営業を行わないこと(酒類の提供時間は夜7時まで)
※なお、国の指針により営業時間短縮要請に係る店舗見回りを行うこととしております。

支給金額

1.本町に所在し、ガイドラインを遵守し、通常、午後8時以降も営業している飲食店事業者等。
【1店舗あたり】
 売上規模に応じて、2.5万円~7.5万円×時短協力日数分で支給

2.本町に所在し、ガイドラインを遵守し、上記1に該当しない飲食店事業者等。
【1店舗あたり】
10万円支給

申請に関する手続きについて

〇申請に必要な書類
次の書類を揃えてください。

1.高原町感染症対策営業時間短縮要請等協力金事業補助金(令和3年8月要請分)交付申請書兼実績報告書(様式第1号)

2.高原町感染症対策営業時間短縮要請等協力金事業補助金(令和3年8月要請分)交付に係る誓約書(様式第2号)

3.補助金(令和3年8月要請分)交付請求書(様式第3号)

4.営業の実態が確認できる書類
・直近1期分(令和2年度)の確定申告書の写し
・税務署提出の開業届の写し又は法人設立届の写し(令和2年1月以降に開業した場合)

5.食品衛生法に基づく営業許可書の写し

6.対象期間に休業、短時間営業又は、独自休業を行ったことを確認できるもの
・ポスター類の写真又はホームページの写し等

7.店舗の外観及び内観の写真(飲食スペースが確認できるもの)

8.(お酒の提供をする飲食店のみ)酒類の提供が確認できる書類等(メニューのコピー、品書きの写真等)

9.新型コロナウイルス感染防止対策チェックシート

10.請求書記載の振込口座が確認できる書類の写し(通帳のコピー等)

11.その他町長が必要と認めるもの

※様式第1号、2号、3号、新型コロナウイルス感染防止対策チェックシートは下記書類をご利用ください。

〇申請方法
上記申請書類をご準備の上、9月1日より高原町役場産業創生課にて受付を行います。
※9月30日までの受付となります。

問い合わせ先

高原町役場産業創生課産業観光係
〒889-4492
宮崎県西諸県郡高原町大字西麓899番地
Tel0984-42-2128 Fax0984-42-4623
E-mail:sangyou@town.takaharu.lg.jp