ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 農畜産振興課 > 令和3年度家畜人工授精に関する講習会(牛)の開催について

令和3年度家畜人工授精に関する講習会(牛)の開催について

令和3年度家畜人工授精に関する講習会(牛)の開催について

宮崎県では、家畜改良増殖法(昭和25年法律第209号)第16条第2項に規定する令和3年度の家畜人工授精に関する講習会を以下のとおり実施します。本講習会は、家畜改良に従事する技術者を養成し、技術を普及することを目的としています。

1.講習会の種類
家畜人工授精に関する講習会(牛)

2.開催期間及び開催場所
開催期間:令和3年10月18日(月曜日)から11月22日(月曜日)まで(土日祝日は除く)
開催場所:県立農業大学校(児湯郡高鍋町大字持田5733番地)

3.受講対象者
資格取得後、将来にわたってこの畜種の人工授精及び改良増殖業務に従事する意思がある方を対象とします。

4.受講手数料
33,000円(受講決定後、宮崎県収入証紙で納付していただきます。)

5.受講定員
20名以内とします。定員を上回る希望があった場合は、本県畜産の振興等の観点から、選考試験を実施し受講者を決定します。

6.受講手続き
受講を希望する方は、願書受付期間に以下の書類を「10.願書提出先」の家畜保健衛生所に提出してください。

畜産関係の大学等で特定の科目の単位を取得された方は、講義の受講及び修業試験が免除になる場合があります(家畜改良増殖法施行規則第24条の2)ので、家畜保健衛生所にご相談ください。

(1) 受講願書(別記様式第1号)<注意>顔写真は貼らないでください。
(2) 3か月以内に撮影した顔写真(縦5センチメートル、横4センチメートル)2枚
(3) 農業総合研修センター宿泊及びテキスト購入の希望調査票
(4) 受講及び修業試験免除申請書(別記様式第2号)
(5) 学科目取得証明書(別記様式第3号)
(6) 農業総合研修センター宿泊施設利用申請書
(1)、(2)、(3):必須
(4)、(5)、(6):該当者のみ

7.願書受付期間
令和3年7月19日(月曜日)から8月20日(金曜日)まで

8.受講者の決定
願書等の受理後、受講希望者本人に通知します。

9.使用するテキストについて
講習会では、一般社団法人日本家畜人工授精師協会(東京都江東区冬木11番17号)発行の「家畜人工授精講習会テキスト家畜人工授精編」(平成28年3月改訂以降のテキストであれば可)を使用します。テキストはまとめて発注しますので、「農業総合研修センター宿泊及びテキスト購入の希望調査票」に購入希望の有無をご記入の上、提出してください。テキストと代金振込書は開講日にお渡しします。

10.願書提出先
都城家畜保健衛生所 生産安全課(〒889-4505 都城市高崎町大牟田4213-1)電話:0986-62-5151

11.新型コロナウイルス感染症に係る注意事項について
新型コロナウイルス感染症の発生状況により、県外からの受入れをお断りしたり、開催を中止する可能性があります。あらかじめ御了承ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)