ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 町民福祉課 > 令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金の支給について

令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金の支給について

趣旨

令和3年11月19日に閣議決定された「コロナ克服・新時代開拓のための経済対策」において、子育て世帯の生活を支援することが決定されたため、対象児童1人当たり10万円を給付するものです。

支給対象者

1.令和3年9月分の児童手当支給対象となる児童
2.令和3年9月30日時点で高校生等(平成15年4月2日~平成18年4月1日生まれ)の児童
3.令和4年3月31日までに生まれた児童手当の支給対象児童(新生児)

※児童養護施設等に入所中に児童についても別途施設等に支給されます。

※児童手当法における特例給付の方(児童1人あたり5,000円が支給されている方)やそれに相当される所得の方は本給付金の対象外になりますのでご注意ください。所得制限の詳細については、内閣府ホームページの「所得制限限度額」の部分をご参照ください。

支給金額

対象児童1人当たり10万円
※現金により一括で支給する予定です。

支給方法

中学生以下を養育する方(児童手当受給者※特例給付除く)

中学生以下の児童を養育している方については、特に支給の申請は必要ありません。原則、児童手当を支給されている口座に振り込みます。なお、振込予定日は、令和3年12月24日(金)の予定です。

高校生に準ずる年齢の児童のみを養育される方

高校生以上の児童を養育される方については、児童手当情報がないため、申請をしていただき、口座情報や所得制限等を確認したうえで、支給決定します。申請先や期限等の詳細は別添チラシをご参照ください。なお、12月24日に申請の案内を発送予定です。
※中学生以下のきょうだいが児童手当を受けている場合は、中学生以下児童分と一緒に12月24日(金)に支給予定です。

所属庁等から児童手当を受給されている公務員

所属庁から児童手当が支給されている公務員の方は、所属庁の証明が必要になりますので、申請が必要になります。証明方法としては、申請書の裏面に証明欄を設けておりますので、そちらをご活用ください。申請先や期限等の詳細は別添チラシをご参照ください。なお、12月24日に申請の案内を発送予定です。

令和3年12月1日以降に出生した児童を養育する方

出生した際に児童手当の手続きを行いますが、その際、同時に本給付金の申請のご案内をさせていただきます。
※令和4年3月31日までに出生した児童が支給対象になります。

最近高原町に引っ越してきた場合

令和3年9月分の児童手当が支給された市区町村から支払われることとなります。

注意事項

・申請不要で支給される方について、原則、令和3年9月の児童手当を受給されている方のご口座に入金されます。やむを得ない事情等がない場合は、口座変更等はできませんのでご了承ください。
・申請不要で支給する場合も、「支給のお知らせ」を後日発送いたします。
・高校生のみを養育する世帯や公務員等の申請を要する世帯には、後日、郵送にて案内を行う予定です。
・ご不明点は、下記お問合せまでご連絡ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)