ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 防災・安心・安全 > 防災情報 > 新燃岳の噴火警戒レベル引き下げについて

新燃岳の噴火警戒レベル引き下げについて

新燃岳の噴火警戒レベル引き下げについて

 令和元年12月20日(金曜)11時00分に、新燃岳の噴火警報が、噴火警戒レベル2(火口周辺規制)からレベル1(活火山であることに留意)に引き下げられました。

 レベルは引き下げられましたが、新燃岳火口内、火口西側の熱異常域及び火口北側の溶岩流出区域については、引き続き警戒区域に設定され、立入禁止となります。

 新燃岳は活火山であるということを忘れずに、今後も新燃岳の火山活動に関する情報に十分注意してください。